思うこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本が今大変なことになっていますね。

こっちでも、ネットニュースやSNSを通して、情報や映像を見るたび、心が痛みます。

自分にできることが見つからないことにも、無力さを感じています。

カンボジア人もみんな日本を心配しています。。

Pray for JAPAN.

 

 

こんばんは。

乾達朗です。

 

自分は今年で東南アジア生活8年目になります。

20歳を過ぎてから日本ではほとんど生活していないということになりますね。

良くも悪くも日本の外から色々と学び、感じることができたのは、自分の人生においてプラスだったと、プラスにすることができてきたのかなと、そう思っています。

 

日本の素晴らしさにも気づけたし、

日本の窮屈さにも気づけた。

日本の外から日本のことを学ぶことができたことも良かったと思います。

 

いざ自分がその集団のなかにいると、

それが周りからどう思われているのか。

これは見えにくい。

隣の芝が青く見えるのも、

自分が今どれだけ幸せかが見えにくいから。

 

日本人の多くの人が、

今生きている人生は自分で選んだものだと思います。

自分もそうです。

サッカーを仕事にしているのも、

カンボジアで生活しているのも、

すべて自分で選んだこと。

他の選択だっていくらでもできます。

 

今ある生活や環境に愚痴や不満を言うのはなぜ間違っているか。

そもそもそれは、自分が選んだ選択のなかで起きているということを忘れてはいけない。

自分はそう思っています。

 

もちろん、うまくいかないこと、理不尽なこと、納得できないことはあります。

そんなときは特に、そう思うようにしています。

 

自分の人生を自分自身で選択できない人はたくさんいます。

カンボジアや発展途上国にいると、それを目の前で目にすることになります。

それでも自分の人生に笑顔で生きている

俺よりよっぽど強い。

 

自分は恵まれています。

だからこそそれを強みにして生きていく必要がある。

行きたいところに行く。

やりたいことをする。

自分に嘘をつかずに生きていく。

 

だからここでサッカーをする。

今ここかな。

 

明日やろはバカ野郎。

いい言葉。

 

 

では。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*