悔しいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

乾達朗です。

 

試合が終わって、心から悔しいと思えた。

それだけ接戦だったということだと思う。

 

優勝候補のベルギー。

FIFAランク3位のベルギー。

相手のほうが格上なのは間違いない。

 

ただ、ほとんどの人が勝利を信じて応援していたと思う。

そこに、ベルギーと大きな差は無かった。

 

日本では高校生がJ1のチームに勝つことがあるし、

世界でも下のカテゴリーが上のカテゴリーに勝つこともある。

 

日本とベルギーは2ー3。

差はほとんど無いということをワールドカップで証明してくれた。

 

相手がどこだろうと、

どれだけボールをまわされようと、

何度シュートを打たれようと、

勝利ために闘い続けた代表選手に、

本来の、日本人としての魂を感じた人も多いはず。

 

感動しましたね。

日本代表には感謝です。

 

ベルギー戦後の日本のロッカールーム、

スタジアムのゴミを拾うサポーター、

多くの日本人が忘れかけていたことを気づかせてくれたのではないでしょうか。

 

誇り高き日本人。

日本人で良かった。

ありがとうSAMURAI BLUE

 

 

 

では。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*