リスペクト。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。

乾達朗です。

 

ワールドカップ盛り上がってますね!

あの大舞台で、国を背負いプレーする選手たちのプレッシャーは、あのピッチに立った人にしか感じることのできない、それはそれはものすごいものなんだろうなーと感じます。

だから日本代表として戦っている選手をリスペクトせずにはいられませんね。

 

そして忘れてはいけないのはレフェリーの存在。

選手と同じように、プレッシャーや責任、批判やバッシング、時には脅迫さえも受けながら、選手や試合をコントロールしなければならない存在です。

 

自分が過去にプレーした、チームでは、シーズンが始まる前に、選手スタッフ全員で、「レフェリー」という映画を鑑賞しました。

どのような気持ちで笛を吹いていいるのか、大きなプレッシャーと戦いながら、試合の成功だけを考えて90分間戦っているレフェリーを、ドキュメントで伝えている映画です。

 

1年間リーグ戦を戦うなかで、レフェリーをリスペクトするということはとても大切なことです。

レフェリーをリスペクトすること、良い関係性でシーズンをプレーすることは、勝利にも繋がるということだと思います。

 

今回のワールドカップでも、

PKを与えてしまった選手へ殺害脅迫があったり、心ない言葉で叩かれているレフェリーがいたりします。。

スポーツマンシップというもののなかで、熱い試合をするということ、これはサポーターやファンも同じですね。

 

今シーズン、日曜日の試合で前期が終わります。

現段階で、我々ナガワールドFCは、2位に価値点差1で首位です。

後半戦、優勝するには、こんなとことも考えながら、プレーする必要もあるかもしれません。

後期は爆発します!

 

では。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*