サッカー息子へのアドバイス。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

乾達朗です。

 

自分の息子、サッカー大好きだら、上手になってほしいなー。

って思っているおとおさん、おかあさんへ。

 

自分はプロサッカー選手ですが、プロの指導者ではありません。

 

ただ、時に、プロの意見よりも、素人の意見がヒントになることってありません?

そうです。あるんです。

 

だから今回は、プロの指導者ではない自分が教えるサッカー教室。

なかなか面白いと思いますよ〜。ww

(関係の無い、3年くらい前の写真ww)

 

 

もし自分に子どもが居て、サッカー選手を目指しているとする。

まだ息子は小学生としましょう。

今回は、親が子にする、個人的アドバイスとして。

俺ならこうする!

 

 

ごはんをいっぱい食べさせる。

(身体の大きさは重要)

 

蹴り方はこうとか、ドリブルの仕方はこうとか、そういう指導はしない。

好き勝手にいっぱいボール蹴らせて、好き勝手にいっぱいドリブルさせる。

(ボールの捉え方、キックのフォーム、コントロールの仕方、ボールタッチの仕方は人それぞれで、正解はひとつではないため、親が決めつけない。やりやすい方法を自分で見つけられるように。)

 

遠くにボールを飛ばすことを練習させる。

どこに蹴るとか、球種とか、そんなことじゃなくて、距離。

ボールを転がしてあげて、それをダイレクトで遠くへボーン!がいいと思う。

置いて蹴るより遠くに飛ばしやすいからやっていて楽しい。

(遠くにボールを蹴れない選手は使えない。)

 

ボールにいっぱい触らせる。

(技術は大事。技術向上は、どれだけボールに触ったかで決まると思ってる。)

 

上手な人をいっぱいみて真似してみな。

(近くにいる上手な選手から盗む作戦)

 

パスばっかりしてないでドリブルで勝負しろ!

(パスはこれから覚えられるけどドリブルは後から身につけるの大変)

 

動いている人にぴったりパス。動きながらボールをコントロールする。

(これは大人になってから差が出るところ)

 

これ、きりがないから、このへんで。

 

おとおさん、おかあさん、息子さんに試してみては?

上手になるはず!!

 

 

では。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*