実は、サプライズだったのでは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

乾達朗です。

 

 

今日も、治療に、リハビリに、やりきりました!

あとは美味しい夕食を食べて寝るだけ。

毎日やりきりましょう。

 

 

話/変

 

 

ワールドカップ開幕まで10日ほどになりましたね。

今回のワールドカップは、これまで以上に、不安が残る日本代表となってしまったのではないでしょうか。

監督が急遽変わったことで、目指すサッカーが変わり、メンバーも変わりました。

これまでメンバーに入っていなかった選手が、スタメンで使われていたガーナ戦を見ると、実は大きなサプライズのあった代表選考だったとも言えるのでは無いでしょうか。

選手によっては、いきなりチャンスが目の前に転がってきた。というべきでしょうか。

これもサッカー、選手が導いた運の強さは実力です。

 

サッカーは積み上げるということがとても大切で、それは、チームとして同じ方向性でプレーできること、そしてここまで積み上げてきたんだという自信が、チーム力となるためです。

 

たとえば、ブラジルフランスドイツ代表のように、時に戦術を上回るだけの個の力があれば、話しは別ですが、本の良さはグループで戦うことだと思うので、だからこそ、積み上げてくることが重要だったと感じます。

 

ヨーロッパで数字を残している選手がメンバーから外れたことも、ひとつサプライズだったと思います。

 

国民は強いチームが見たいはずで、良いサッカーをするチームが見たいわけではないと思います。

というのも、ワールドカップはサッカーに興味のない人がサッカーを見てくれる可能性の高い大会だからです。

どんなサッカーだろうと、結果を出す事ができれば、サッカー人気やサッカーの発展に繋がるのではないかと思います。

良いサッカーをして勝つのは、その後。なにより結果が必要な、今の日本代表だと思います。

だからこそ、シンプルに数字を残している選手を選考して欲しかったという思いもありますね。

 

これはヨーロッパやブラジルのメディアも取り上げており、日本のメンバー選考に関して、賛否両論あるようです。

 

ただ、今回選ばれた日本代表選手は今一番結果が出せると監督が選んだメンバーなわけで、

全員が日本代表に相応しい選手であることに間違いはないと思います。

日本を背負って戦うことのプレッシャーや、目に見えない難しさは、彼らにしかわからないことだと思います。

良い結果を期待したいと思います。

 

では。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*