かわいい子には、旅をさせよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

乾達朗です。

以前、サッカーというリスクというBlogを書きました。

今回は、ここから繋がる話しでもあります。

自分は小学生2年生でサッカーを始めました。

プロを目指し始めたのは、小学5年生で、千葉県選抜に選ばれたときくらいからだと思います。

それからはサッカー選手になるために毎日練習をしてきました。サッカーのために色々なことを犠牲にせざるを得なかった。しかしながら、果たしてそれは犠牲にしてきたと言って正しいのか。

というのも、サッカーのお陰でたくさんのことを学ばせてもらったからです。

中学1年生から高校2年生までの5年間、お世話になったコーチは、これまで出会った人の中で1番厳しい人でした。

中学1年生、つい昨日までランドセルを背負っていた自分達に容赦なし

週末の遠征が新幹線を使う距離であろうと、選手だけで現地集合。だれかが1秒でも遅刻しようもんなら……。

だから遠征前は選手みんなで連絡をとって、どこから何時の電車に乗れば間に合うのか、みんな住んでいるところはバラバラなので、どこで誰が電車に乗ってくるのか把握しながら、遅刻してるやつがいないか確認しながら、頭をフルに使って遠征をしていました。

他のJチームはチームでバス移動をすることが多いと思います。

ただ、現地集合をすることでしか学べないことがたくさんあります。
仲間を思う気持ち時間を計算すること、そしてなにより、自分の頭と足でどこまででも行けるということ。

あげればきりがないですが、考えれば自分でできるんだということを、このとき自然と学べていたんだと思います。

監督、先輩など、目上の方との付き合い方もサッカーから学びました。

海外はもちろん、遠くへ連れて行ってもくれました。
友達を作ってくれたのもサッカーでした。

楽しさ、嬉しさ、辛さ、悔しさ、負けたくないという気持ち、サッカーは自分を熱くさせてくれました。

母が朝持たせてくれるお弁当のありがたさ、自分がサッカーをするためにたくさんのお金必要なことも、気づかせてくれました。

親への感謝の気持ちもサッカーが教えてくれました。

今思うと、自分はサッカーから人生の多くを学んできました。

サッカーへの感謝は強いので、どんな時、それが遊びであろうとも、サッカーを雑に扱うことはできません。
人から教えてもらってるばかりでは無く、自分で考え出した時、大きく成長できるということです

特に、子どもには与えるだけではなく、自分で考えなくてはならない環境を、大人が作ってあげることが重要だと思います。
かわいい子には、旅をさせよ。

まさにこの通り。

過保護は逆効果。

では。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. Thermo Burn Max Supplement より:

    Pretty! This has been a really wonderful post.

    Thanks for supplying this information. http://bfb7904p.bget.ru/profile/loispope68

コメントを残す

*