売り込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんSNSはしていますか?

InstagramFacebookTwitter.….様々なものがあり、たくさんの人が使っていると思います。

自分もSNSはこまめに更新するようにしています。

それは自分を知ってもらうためです。

(ネパールチャリティーマッチのときの写真W)

例えば、良い商品(選手)とはどんなものか。

良いかどうかはが判断します。人に知られる、人の手に届く、それで初めて良い商品となるわけです。

どんなに良いモノを作っても、それを誰も知らなかったら、それは良い商品とは言えません。

要するに、質の良いモノを作る。そしてそれをたくさんの人に知ってもらう。これ無しに良い商品は生まれないということです。めっちゃ当たり前のこと言ってますね。

サッカー選手も同じです。どんなに良いプレー、結果を残しても、誰かに見てもらわないと評価されないということです。

たとえば、Jリーグ。サッカー選手の価値はどの程度か。

サッカーをしていない人、サッカーに興味の無い人が、Jリーガーを街で見かけたとき、多分気づくほどの知名度のある選手は少ないと思います。

J1の選手でさえ、まだまだその程度であることは、個人が、日本サッカー界がもっとサッカーの宣伝に力を入れる必要があると感じます。現代社会においてSNSを使うことが一番有効な手段であることは間違いないし、世界のチームはもっと有効活用しています。

きっと一度スタジアムに行けばサッカーを好きになってくれる人が多いと思います。それだけJリーグは魅力的です。それをもっと世界に発信する必要があると感じます。

ちなみに川崎フロンターレの公式instagramは更新頻度も高く、おもしろいのでいつも見てます。

そして東南アジアの場合も、SNSを上手く活用することはものすごく重要です。

東南アジアでは、チームからのオファー、またエージェントからもfacebookのメッセンジャーから連絡が来ることが多いです。

今回、自分がカンボジアのチームと契約することになったのも、メッセンジャーに、チームのマネージャーから直接連絡がきたことがきっかけでした。

SNSに自分のプレー動画試合映像ゴール映像をアップすれば世界中のエージェントやチームがどこかで見てくれるきっかけになるかもしれない。

特に東南アジアのように露出の少ない国では、どれだけ自分を売り込めるかで将来は変わってきます。

たとえばFacebookInstagramは宣伝費用もかからず、世界中に自分を発信できます。

実際にここからオファーが届き、いま自分はカンボジアでプレーしています。

ヨーロッパアフリカからも連絡が来ることがあります。

信用できる話ではない場合も多々あり、そこは自分で見極める必要がありますが、サッカー選手として、自分をどれだけ売り込めるかは良い選手になるために必要なことの1つであると思います。

ってことで、このBlogFacebookInstagramのフォローよろしくお願いします。ww

では。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*