逆にね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

乾達朗です。

 

以前投稿した、先生、話しがつまらないです。高校時代のチームの後輩が読んでくれたみたいで、10年以上ぶりに連絡が来て、

「お久しぶりです。覚えてますか?Blogめっちゃ共感しました。去年まで先生してて、同じもどかしさをずっと感じていて、転職しました。」というメッセージをもらいました。共感してもらえたこと、懐かしい後輩から連絡が来たこと、ダブルに嬉しく、Blog最高。と感じているところです。w

 

 

話/変

中学高校の時の部活ってすごい根性論というか。。。

自分はクラブチーム育ちなので、部活でサッカーをしたことはありません。

 

高校の時の野球部なんて、声がかれるくらいの大声で、”こんにちは!”って挨拶してたし、

キャッチボールランニングしながらも、大声を出してた。

あれ、意味ないでしょ?

 

元巨人の桑田さんが、「キャッチボール中に声を出すことに意味は無い。針の穴に糸を通すとき黙って集中するでしょ?大声出したら集中できない。お腹が空くだけ。」と学生に指導している映像を見て、ものすごく興味深かったです。

こういう違った視点で捉えられるのってすごく難しいけど重要だと思います。

 

 

挨拶だって、社会に出てから大声でする場面なんてない。

挨拶は声のデカさじゃなくて笑顔ですることが大切。

こう教えるべきだと俺は思う。

社会に出てからは絶対そっちの方が印象は良いし、目も合わぜずシステマチックにする挨拶は、声が大きくても心が通っているようには感じない。どう考えても、あの高校時代に良しとされている挨拶には違和感があった。

たとえば、そのやり方にどんな意図があるのか、理由があるなら話は違う。

しかしほとんどの指導者教育者先生は、今までもそうしてきたからどこの学校でもしているから。と、曖昧な場合がほとんどだと思う。

 

日本は特に本質を隠す傾向にある。

そういう文化というか美学があのかもしれない。

 

それと、

俺、頭髪検査にも違和感があります。

茶髪ダメ地毛が茶色いのはOK

パーマダメ天然パーマOK

これ、違和感感じませんか?

共感してくれる人に会いたい。w

共感してくれる人コメント待ってます!

ちなみにおれは頭髪検査引っかかったことないよ。ルールは守らなきゃね。

 

そもそも、見た目が問題として茶髪やパーマが禁止というなら、そこに地毛かどうかは関係ないし、

ただ、地毛でもアウトなんて理不尽すぎだし、

だから結果茶髪にしようがパーマかけようがOK

これが答えな気がしてならない。

生徒:「これは地毛です!」

先生:「嘘着くな!」

みたいなやりとりしてるのあるあるだけど、めっちゃくだらないじゃん。って思ってた。w

 

友達の外国人に、「日本人はみんな同じ髪型して、同じ格好して、誰が誰だかわからない。」と言われたことがあります。

そういう教育を受けてきたから、人と違うことはNGで、無意識にまわりと同じことをしてるほうが落ち着くようになっているのかもしれません。

 

若いうちに海外にでて、考えたが日本人では無くなってしまっているということは承知しています。w

 

ってか、

今日はこのあと18:30からリーグ第5節が行われます!

勝てば首位キープ!

 

Blog書いてないで、試合の準備します!www

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*