バカであれ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。
乾達朗です。
結局バカな奴が一番強い。
どれだけバカになれるか。

子どもの頃は、恥ずかしいとか、かっこ悪いとか、周りの目を気にしてとか、そんなこと全然なかったから最強だった。w
たくさんのこと(知識やら友達やら)を自分のものにできたのも、きっとバカだったから。
 大人の言う、あいつバカだなーって、実際そんなことが多いでしょ。”周りが見えてない”とか、”恥かしくないのかね?”とか、”無謀だよね”とか。
いつからか常識にとらわれて自分の可能性を狭めてしまっていることってありませんか。
やっぱりやめておこう。いつも頭で考えてやめてしまう。
大人になって本当はいろいろなことを自分で手に入れられるようになったはずなのに。子どもの頃よりも弱い自分になっている。自分もそうです。
でも自分はできるだけチャレンジするようにしています。
恥を捨てて、やってみる。わからないことは教えてもらう。自らそこに飛び込む。そうすることで知らなかった世界を見ることができる。まるで子どもの頃みたいに、好奇心旺盛に生きています。
もしかしたら海外で生活しているからできることなのかもしれません。
ただ、今の環境を選んだのも自分。
日本人ほとんどが、今生きている環境は自分で選んだはず。
東南アジアの貧しい地域にいくと、生まれながらに、自分の生きる道が決まっているということもあり、そんな光景を目にするたびに、自分みたいな幸せな国で生まれた自分が、世の中に唾を吐いて文句ばかりいって生きていくのは失礼だと思うんです。”お前自分でやりたいことして生きていけるだろ”。”幸せだろ”。そう言われているような気がして。カンボジアでも、少し路地に入れば、ショッキングな光景を目にします。
ただ何となく過ぎていく日々に成長や刺激、楽しさを感じられないなら、一歩踏み出して、バカになってみるのも悪くないと思います。
自分の道は自分で決められる。そんな幸せな国に生まれたという感謝を忘れずに、だからこそ、好き勝手にやりたいこともできる強みがあります。
バカになれ。これは自分のなかでここ数年のテーマになっているような気がします。考えないでやってみる。これで良い結果がでることが結構ありました。
これからも、様々なことにチャレンジし、もっともっとバカになっていこうと思います😊
では。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*