指導者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

乾達朗です。

 

今、影響力ある選手が、コーチングライセンスを廃止するべきと発言したことで、賛否を呼んでいるようです。

 

選手を育てる側の人間がどれだけ大切か。

指導者の重要性というのは、

ここカンボジアでは毎日強く感じます。

 

間違ったことを教えるということはものすごく残酷です。

 

自分は指導者としての知識はゼロなので、

子どもへの指導、ましてや選手への指導ができるわけがありません。

 

選手としてプレーすることと、指導者のための勉強は全く別だと思っているからです。

しかしながら、選手で経験したことが指導者になるときに大きく生かされる

これは確実にあることだとイメージできます。

 

なにより、選手としての実績は、指導者になったとき、シンプルに、リスペクトされやすい理由の一つになることは間違いありません。

 

特に残酷なのは、子どへ間違った指導をしてしまうことです。

それが正しいのか、間違っているのか、という判断がまだできないうちは、

目の前の大人(指導者)の言うことが正しいことだと認識し、練習に取り組みます。

仮にその指導が間違っていたとき、子どもは間違ったことを取得してしまいます。

そしてそれを矯正することはとても難しい。

 

子どもを教えるということには大きな責任があります。

それが小さな町クラブであっても同じです。

サッカーをここまで選手としてプレーしてきたからこそ、思う事です。

 

中途半端な準備で子どもへ指導することはやめたほうがいい。

サッカーの指導の仕方も多種多様なので、なにが間違っているのか、正しいのか、この判断はとても難しいのかもしれない。

だからこそ、指導者がどれだけ重要であり、難しいことであるのかも理解できます。

 

 

フェイクを見極めること、子どものためにフェイクを見極めてあげること、それができる大人にならなければいけないと、日々感じています。

では。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*